空の下
小夏の販売をはじめます。6月初旬から中旬のお届けとなります。/ 完熟高♫文旦Lサイズ、Mサイズ再販しました。


生姜 >> 環境を護る

無農薬・自然栽培は環境保全農業です


・農薬使用に関する現状
	
農薬を使わないで農作物を作ることで、環境が護られる事を知っていただきたいと思います。

慣行農法では、土つくりの段階から農薬を使用して、害虫だけに留まらず益虫や植物の種を
薬剤で殺し、作付後も虫やカビを殺すために農薬を散布します。

生姜栽培では、作付前に畝のガスによる消毒がされ、作付後も年間30回(約週に一回程度)の
散布が許可されています。
	
全国の生姜作付面積は、約1870ヘクタールです。
これは香川県(1877ヘクタール)とほぼ同面積になります。因みに大阪は1905ヘクタール、
東京2191ヘクタールです。週に一回、香川県全域に農薬を散布していると考えたら、
皆さんはどう思われるでしょうか。
農薬散布に当たっては、防護マスクをする事が義務つけられている事を踏まえると、
農薬が如何に環境を汚染し、同時に私たちの身体を汚染するものであるかについて、
容易に想像できると思います。しかも、これらは毎年毎年行われているのです。
	
生姜だけでこのイメージですから、その他の農作物全てを合わせたら、日本全国どれだけの面積に
農薬が散布されているのか、、ちょっと恐ろしい思いがします。
農薬散布に当たっては、環境保全の観点から、作物別に農薬散布量の上限が決められていますので、
これをもって安全という論理が働くのでしょうが本当にそうなのでしょうか。
因みに、この基準を破った場合についての罰則はありますが、これを取り締まるチェック機関はありません。

柚子の栽培に関しても、殺虫剤(カナブン、カメムシ、カミキリムシ、エカキムシ)、
殺菌剤(黒点病、ソウカ病)、除草剤、が年間通して散布され、収穫直前に防腐剤が散布されます。

	
2015年、世界保健機関(WHO)が管轄する「国際がん研究機関」で、除草剤として広く使われている
ラウンドアップについて、発がん性リスクの一覧に加えたことを発表しました。
警告レベルは“probably”という言葉を用いた上から2番目と高く、グループ2Aの「ヒトに対して
恐らく発がん性がある」というものです。

また、防虫剤に含まれるネオニコチノイドがミツバチにかかった場合、ミツバチが死んでしまう事が明らかと
なっています。これらの事実を農林水産省が知った上で、尚、これらの使用を一定指導を示すだけで、
その使用に関しては許可しています。

なぜ、有害だと分かっていても使われるのかと言えば、
先ず、農林水産省によって、「農薬は、品質の良い農産物を安定的に国民に供給するために必要なものです。」
と謳っている事と、「良い品質の農産物」の基準が「大きい、形が良い、傷がない」などの「見た目」に
重きを置いている事が、農薬使用の最大の後押しとなっているのではないかと、私は考えています。

畑の除草を手ですることは、大変な労力と時間を要しますから、許可された農薬であれば、大規模農家や
高齢の農家が、これを使うのは当然と言えるでしょう。
	
農薬の有害性を民間がいくら訴えても、とどのつまり農林水産省が規制しない限り、生産現場から農薬が消える
ことは有り得ない、、これが現実です。

農薬だけでなく、近年では化学肥料(窒素肥料)による水質汚染が問題になっています。
地下水水質状況は、人の健康の保護に関する環境基準が設定されている26の項目の中で、硝酸性窒素及び
亜硝酸性窒素が環境基準を最も大きく超えており、これらを一定以上含む水をヒトが摂取すると、
血液の酸素運搬能力が失われ酸欠になる症状(メトヘモグロビン血症)を引き起こすとともに、発がん性物質である
ニトロソ化合物が体内で作られる可能性が指摘されています。
	
また、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素は、河川や湖沼などの閉鎖性海域の富栄養化の原因にもなる物質であるため、
これらの使用規制が急がれる課題となっています。
	
農林水産省でも、減農薬及び、環境保全型の農業への支援策をとっていますが、現状ではなかなか難しい課題です。
現状、農薬を規定量マックスで栽培している農家が減農薬もしくは無農薬にシフトする人は極まれです。
栽培リスク以上のメリットを見出す必要がありますが、其処には多くの農家が至っていないのだと考えられます。
	
既存の卸市場では、農薬や化学肥料ありきの見た目基準で取引が行われている為、生産者にとって減農薬にシフト
することは、大変なことなのです。
	
		
・農薬による自然破壊を少しでも減らすために

皆さんが日ごろ食材を買っているスーパーに並べられている野菜などは、特別な表示がない限り、
すべて農薬や化学肥料で育った野菜です。現状、国内の食料は、化学肥料と農薬に支えられていると言っても
過言ではないのです。これらは、既存の卸市場から、一般のスーパーや八百屋に流れています。
先にも書いたように、一般卸市場では、農薬や化学肥料ありきに商品企画設定になっている為、
農家はこれらを満たすために農薬や化学肥料を使わざるを得ないのが現状です。
			
農薬や化学肥料の使用を減らし、環境保全を強化するためには、新たな市場の確立が不可欠です。
見た目の大きさや形、傷の有無、更には低価格を望む消費者が多くいる以上、そのニーズに応えるようになる。
卵が先か鶏が先かを議論したところで現状は改善されません。
農薬や化学肥料から環境を護るには、今、これから、無農薬や無化学肥料の農作物を買う努力をする必要があります。
農薬ありきの農作物を買うという事は、環境汚染委投資しているようなものです。食べて汚しているのです。
一方、無農薬の農作物を買うという事は、食べてきれいになるという事です。
全てを一気に変えることは出来ませんが、人参だけでも。。。玉ねぎたけでも。。から始めて頂ければと思います。
	
化学肥料を使って栽培している農家悪ということではありません。一説には、有機肥料をむやみやたらに使用して
いるよりも、的確に化学肥料を使っている方が、環境を汚染しないと言われています。
最も重んずることは、少しでも不必要な汚染を回避する努力をする事だと考えています。

どうぞ、一人一人の日々の営みから、自然環境及び農村環境が護られる事を知っていただきたいと思います。
「空の下』は農家の一人として、より多くの消費者に「美味しい」と思ってもらえる農作物を作る事、
また、食べたら元気になる農作物を作る事で、環境及び社会に貢献したいと思っています。
	

ご意見、ご要望などございましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

	
	


ジンジャーやまももシロップ|ジンジャー柚子シロップ|ジンジャーローズヒップシロップ|生姜の効能|生姜の保存方法|生姜の違いについて|栽培方法|環境を護る|
|生姜TOP|土佐一囲い生姜|黄金新生姜|土佐一新生姜|赤新生姜|三種の新生姜|乾燥生姜|冷凍すり下ろし生姜|新生姜のピクルス|
(C) 2013-2019 空の下( All rights reserved.)