「空の下」~豊かな暮らしの総合サイト~
生姜(無農薬自然栽培) >> 栽培方法

生姜の栽培方法について


空の下では、無農薬 自然栽培で農作物を栽培しています。農薬、除草剤は一切使いません。
肥料も特に入れません。圃場によっては、自分が生産した農作物で販売できなかった物を
土に返す事はしますが、「肥料を入れないと作れない」との考えでは取り組んでいません。
	
無施肥で生姜を育てる為には、連作は避けたほうが得策です。
無農薬、無施肥栽培に当たっては、生産者それぞれに拘りがあり、故にその栽培方法も多様です。
空の下では、一回作付をすると、その後、最低でも3年は休ませることがベストと考えています。
	
使用する種については、基本自家採種で行っています。

2013年100%慣行栽培の種で栽培
2014年90%慣行栽培の種、10%自家採種の種で栽培
2015年100%自家採種の種で栽培
2016年100%自家採種の種で栽培
2017年100%自家採種の種で栽培
2018年30%慣行栽培の種、70%自家採種の種で栽培
作付の2ヶ月前に圃場の整備を始めます。 先ずは、草刈、耕耘から始め、圃場全体の設計をします。 大溝、小溝、畝の立て方で、生姜栽培の全てが決まると言っても 過言ではないほど、畑の設計は大変大事です。 更に、設計通りに作るには、本当に大変(汗) 管理機とハグチで設計通りに形つくります。
生姜栽培で最も大事なことが水はけです。 水はけは、最初の圃場設計で100パー決まってきます。 深く掘ることは必須で、その上地形に合わせて的確に形作ります。 3月の末から4月の頭にかけて種を植えます。
空の下では、つぼ植えという方法で行っています。 *二年続けて、植え付けの手伝いに東京から飛んで来る友人Y 植え付けから一ヶ月過ぎた頃、毎年ゴールデンっぽい連休当たりから 芽が地上に出てきます。 芽が出てきてからが本シーズン!ここから、無農薬生姜農家の暑い夏が始まります。 畦の草刈、畝の草引き、土入れと、畦の草刈の他は、この作業を鍬一本で、 収穫まで繰り返し、繰り返し行います。この作業をどの程度行ったかによって、 反収が大きく変わるという、とてもとても大切な作業です。
そうして、8月下旬には新生姜の収穫が始まります 草刈や草引きが適期にできている生姜の畑はとても美しく、 作業もし易く、種の力と土の力を最大限に取り込むことも出来ます。 12月初旬をもって、全体の収穫を終えて一年が終了します。 私は毎年、生姜の畑の美しさに元気を得て、日々農作業に精を出しています。 空の下では、土佐一黄金生姜赤生姜の三品種を 無農薬自然栽培で栽培しています。 ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

無農薬 自然栽培 有機栽培 高知県産 生姜

無農薬 自然栽培 有機栽培 高知県産 生姜

無農薬 自然栽培 有機栽培 高知県産 生姜

新生姜のピクルス|ジンジャー&
やまももシロップ
|ジンジャー&
ゆずシロップ
|ジンジャー&
ローズヒップシロップ
|生姜の効能|生姜の保存方法|生姜の違いについて|栽培方法|環境を護る|
|生姜TOP|土佐一囲い生姜|黄金新生姜|土佐一新生姜|赤新生姜|土佐一親生姜|赤親生姜|三種の新生姜|乾燥生姜|冷凍すり下ろし生姜|
(C) 2013-2019 空の下( All rights reserved.)