「空の下」~豊かな暮らしの総合サイト~
生姜(無農薬自然栽培) >> 生姜の保存方法



	
東京都青山ファーマーズ・マーケットで生姜を販売していると、
生姜の保存方法についての質問をお客様から多く受けます。生姜を冷蔵庫の野菜室で保存される方があまり
に多くいらっしゃることにビックリします。

「生姜は日持ちしない」「野菜室でカビさせてしまう」「使う前にダメにしてしまう」
などなど、生姜の保存に多くの方が苦労されているようです。

良質の生姜は、環境さえ整えば一年でも二年でも保存できる作物です。
日持ちしないような生姜は、本来流通しない方が良いというのが私の考えです。
	
とは言え、保存環境が悪いと、どんなに良い生姜でも腐ってしまうので、ここでは一般のご家庭でできる保存方法を
ご案内します。
	
その前に先ず、生姜という農作物の基本的な特徴をご案内します。
	
生姜は寒さに弱い

生姜は亜熱帯気候で育つ植物です。基本的に寒さに弱いです。平均14度以下の環境が長く続くと弱って腐ります。
白カビなどが発生する場合は、保存場所が寒いという事です。

乾燥に弱い生姜
	
生姜は乾燥に弱いですので、適度な保湿が必要です。乾燥すると、生姜の水分が抜けていき、徐々にしわしわになり、
最後は干物のようになります。
	
生姜は生きている
	
一般的に流通している生姜の多くは「囲い生姜」といい、収穫した後、二カ月以上専用の保存庫で熟成させて生姜です。
通常、これらの生姜は生きており、翌年度の種生姜になします。故に、春が地下ずくに連れ温度が上がってくると、
芽を出します。芽が出るという事は良い生姜の証拠ですので、栄養価も高いと言えるでしょう。
出た芽は「芽生姜」と言って食べる事が出来ます。
	
【生姜の保存環境】
 適温   14-15度
 場所   直射日光が当たらず、空気が適度の循環するところ。
 保存方法(常温)  ある程度の期間であれば、そのまま台所に置いていても問題ありませんが、長期間保存する場合は、
湿った新聞紙やキッチンペーパーなどに包み通気性のある袋にいれて、適温場所で保管してください。
14度以下が長く続く場合や室内で暖房を利かす場合などは、厚めに新聞紙に包んで発泡スチロールや
段ボールに入れるなど、外気の影響を受けないように保存してください。
*直ぐに手の届くところで保存することで、頻繁に使うように心がけます。
 保存方法(冷凍)  擦りおろし、千切り、みじん切り、スライスなどにして、一回の使用想定量ごとにサランラップもしくは、 ジッパービニール袋に薄く入れて、冷凍します。使うときは必要量を割って使います。

一コブづつ割り、洗ってまるごと冷凍します。使うときは、解凍せずにそのまま擦りおろして使います。
 保存方法(乾燥)  洗った生姜を皮ごとスライスして乾燥させます。常温で保存できます。
良い生姜の見分け方 生姜の良し悪しは大きさではありません。一見大きくで良い生姜に見えても、化学肥料や有機肥料の入れ過ぎで、 水太りした生姜は日持ちも悪く、思いのほか早く腐ってしまうことが多くあります。 とは言え、「腐る生姜=化学肥料、有機肥料栽培」というわけではありません。 本来、健康な生姜であれば、裸でほったらかしにした場合、乾燥してミイラのようになります。 何かしらの不具合があるから腐るのです。 私の経験上、自然栽培や有機栽培で真面目に作られた生姜は、比較的持ちが良いです。 有機栽培の場合は、どのような堆肥を畑に入れているか、また、圃場設計がちゃんと出来ているかで 育つ生姜の質が変わるでしょう。 自然栽培の場合は、圃場の栽培履歴と圃場設計によって育つ生姜の質が変わってます。 化学肥料で育った生姜や、有機肥料の入れ過ぎで育つ生姜は、日持ちが悪くなる傾向にあります。 生産者としては、「生姜は日持ちしない」と消費者に思われないような良い生姜を作る努力をする事が 大切だと考えています。

無農薬 無肥料栽培 自然栽培 有機栽培 生姜 新生姜 生姜シロップ

無農薬 無肥料栽培 自然栽培 有機栽培 生姜 新生姜 生姜シロップ

無農薬 無肥料栽培 自然栽培 有機栽培 生姜 新生姜 生姜シロップ

新生姜のピクルス|ジンジャー&
やまももシロップ
|ジンジャー&
ゆずシロップ
|ジンジャー&
ローズヒップシロップ
|生姜の効能|生姜の保存方法|生姜の違いについて|栽培方法|環境を護る|
|生姜TOP|土佐一囲い生姜|黄金新生姜|土佐一新生姜|赤新生姜|土佐一親生姜|赤親生姜|三種の新生姜|乾燥生姜|冷凍すり下ろし生姜|
(C) 2013-2019 空の下( All rights reserved.)